通勤災害の範囲

原則として、通常の合理的な経路及び方法による通勤途上で負傷した場合には、

 

通勤災害と認められます。

 

では、会社に届け出ている通勤経路とは違う経路上で負傷した場合には、

 

通勤災害と認められるのでしょうか。

 

原則として、通勤災害として認められます

 

この場合には、「合理的な経路及び方法」とは

 

どのようなものであるかが問題になります。

 

この「合理的な経路及び方法」であるかどうかを判断する際に、

 

会社への届出は一切関係ありません。

 

会社と自宅を往復するために、一般的に通常用いられる経路や

 

方法であれば通勤災害として認定されます。

 

ではもう1つ、通勤の途中で寄り道をした場合はどうなるでしょう。

 

寄り道のことを「逸脱・中断」といいますが

 

原則として、通勤経路を逸脱・中断した場合には、

 

その間と通勤経路に復帰した後についても通勤途上にはなりません。

 

ただし、労働者が通常通勤途上で行なうような些細な行為は、

 

逸脱・中断としては取り扱われません。

 

 

<些細な行為の具体例>

・経路の近くにある公衆トイレの使用

・経路の近くにある公園での短休息

・経路上の店でタバコ、雑誌等の購入

・駅構内でのジュースの立ち飲み

 

なお、逸脱・中断が、日常生活上必要な行為であって一定の

 

範囲のものをやむを得ない事由により行うための

 

最小限である場合には、逸脱・中断の間は通勤とされませんが

 

その後の往復は通勤となります。

 

 

 

<日常生活上必要な行為>

・日用品の購入その他これに準ずる行為

・職業訓練等、職業能力の開発向上に資するものを受ける行為

・選挙権の行使その他これに準ずる行為

・病院又は診療所において診察又は治療を受けること

その他これに準ずる行為・要介護状態にある配偶者、子、父母、

配偶者の父母並びに同居し、かつ、扶養している孫、祖父母

及び兄弟姉妹の介護(継続的に又は反復して行われるものに限る。)

 

 

なお、業務命令により出張する際の往復での災害は、

 

通勤災害ではなく、業務災害となりますので、注意してください。