はじめに

監督署からお呼びがかかったら!小さな会社の労基署調査対策

監督署(労働基準監督署)のイメージは?

「署」のつく役所は怖いといわれていますが・・・

「もしかしたら、会社設立以来監督署来たことないから・・・」

「うちの社員に限って監督署に訴えるなんて・・・」

と安易に考えているかもしれませんね。

サービス残業なしなど、労働基準法をカンペキに守って

いれば問題ないのですが・・・。

監督官の数が少ない為に全ての会社を回りきれないのは

事実です。

が、いつあなたの会社にやってくるかも分かりません。

もしかしたら、明日にでも・・・。

それに最近の調査のほとんどは労働者の申告(密告)に

よるものです。

労働条件も改善できない中、社員の会社へのいわゆる

忠誠心もうすくなってきています。

あなたの会社の社員も、いつ監督署へ密告するか

わかりません。

でもご安心下さい。

このHP「監督署からお呼びがかかったら」で、労基署調査

対策の知識を得ることができます。

このHPから得られる知識の一部をご紹介します。

  • 1. 労働基準監督署(監督官)の権限とは
  • 2. 監督官は何を調査するのか
  • 3. どんなときに調査するのか
  • 4. 指導票・是正報告書等について
  • 5. 労働基準監督署の行政指導(是正勧告)に

     従わなかったらどうなるか

このHPを勉強して「どんと来い労働基準監督署」と悠然と

構えられるようにしましょう。

 

 

    労務相談.gif