人件費減税案

60歳以上の実行可能な人件削減案

  • @ 雇用延長する社員を選抜する
  • A 雇用延長の社員の賃金を下げる

デメリットを回避する方法

社員を選抜せずに希望者全員を1年毎に契約を更新して

65歳まで雇用する。

そして、賃金を下げても社員の手取りは減らないようにする。

そのカラクリとは、

  • ○ 定年で雇用契約を終了し、新たな雇用契約を結ぶ。
  • ○ 賃金の大幅な減額を行う。
  • ○ 二つの公的給付を活用する。

60歳以上の社員の賃金=収入ではない

25-5-16-2.jpg

 

 

賃金の下がった分を
○ 在職老齢年金
○ 高年齢雇用継続基本給付金でカバーする。

 

労務相談.gif  

top.gif

  

老齢年金について

25-5-16-3.jpg

65歳未満で特別支給の老齢厚生年金(定額部分)がもらえる年齢

男性の場合

生年月日支給開始年齢実施時期
昭和16年4月1日以前 60歳 平成12年度まで
昭和16年4月2日〜昭和18年4月1日 61歳 平成13年度まで
昭和18年4月2日〜昭和20年4月1日 62歳 平成 16 年度まで
昭和20年4月2日〜昭和22年4月1日 63歳 平成 19 年度まで
昭和22年4月2日〜 昭和24年4月1日 64歳 平成 22 年度まで
(昭和24年4月2日以後) (65歳) ( 平成 25 年度 )

 

女性の場合

生年月日支給開始年齢実施時期
昭和21年4月1日以前 55〜60歳 平成17年度まで
昭和21年4月2日〜昭和23年4月1日 61歳 平成18年度まで
昭和23年4月2日〜昭和25年4月1日 62歳 平成21年度まで
昭和25年4月2日〜昭和27年4月1日 63歳 平成24年度まで
昭和27年4月2日〜昭和29年4月1日 64歳 平成27年度まで
(昭和29年4月2日以後) (65歳) (平成30年度)

在職老齢年金とは

  • ○ 対象者は厚生年金保険の被保険者
  • ○ 在職老齢年金の計算方法(60歳〜64歳)

〔報酬比例部分は、60歳から支給されますが、就労し

社会保険に加入していると年金額が調整(減額)されます。〕



在職老齢年金について(60歳〜64歳)

25-5-16-4.jpg

労務相談.gif  

top.gif

  

在職老齢年金の計算のしかた

在職老齢年金の計算方法は、次の内容に応じて大きく2つに分かれます。
  • @基本月額と総報酬月額相当額の合計が280,000円以下の場合
  • A基本月額と総報酬月額相当額の合計が280,000円を超える場合
@(基本月額+総報酬月額相当額)が280,000円以下の場合
基本月額と総報酬月額相当額の合計が280,000円以下の
場合は、在職老齢年金の計算はいたって簡単です。
この場合は、年金は支給停止されることなく、全額が支給
されるからです。
つまり、在職老齢年金は必ずしも減額をされるとは限らないのです。
1.基本月額+総報酬月額相当額が280,000円以下の場合の計算例
年金額(年額) 720,000円
基本月額 60,000円 (720,000円÷12)
60 歳以降の賃金月額 178,000円
60歳以降の標準報酬月額 180,000円
総報酬月額相当額
180,000円
総報酬月額相当額+基本月額
180,000円+60,000=240,000≦280,000円
在職老齢年金(月額)
60,000円 (減額なし)
A(基本月額+総報酬月額相当額)が280,000円を超える場合
基本月額と総報酬月額相当額の合計が280,000円を超える場合は、
基本月額と総報酬月額相当額のそれぞれの金額に応じて、
4つの計算式から該当するものを選んで計算します。

2.基本月額が280,000円以下、総報酬月額相当額が480,000円以下

年金額(年額) 2,400,000円
基本月額 200,000円
60 歳以降の賃金月額 213,000円
60歳以降の標準報酬月額 220,000円
総報酬月額相当額
220,000円
在職老齢年金の計算式
基本月額−(総報酬月額相当額+基本月額−280,000)×0.5
在職老齢年金(月額)
200,000−(220,000+200,000−280,000)×0.5=130,000円

3.基本月額が280,000円以下、総報酬月額相当額が480,000円超

年金額(年額) 3,360,000円
基本月額 280,000円
60 歳以降の賃金月額 510,000円
60歳以降の標準報酬月額 500,000円
総報酬月額相当額
220,000円
在職老齢年金の計算式
基本月額−(480,000円+基本月額−280,000)×0.5
−(総報酬月額相当額−480,000)
在職老齢年金(月額)
280,000−(480,000+280,000−280,000)×0.5−(500,000−480,000)=20,000円

4.基本月額が280,000円超、総報酬月額相当額が480,000円以下

年金額(年額) 3,480,000円
基本月額 290,000円
60 歳以降の賃金月額 230,000円
60歳以降の標準報酬月額 240,000円
総報酬月額相当額
220,000円
在職老齢年金の計算式
基本月額−(総報酬月額相当額×0.5)
在職老齢年金(月額)
290,000−(240,000×0.5)=170,000円

5.基本月額が280,000円超、総報酬月額相当額が480,000円超

年金額(年額) 3,480,000円
基本月額 290,000円
60 歳以降の賃金月額 500,000円
60歳以降の標準報酬月額 500,000円
総報酬月額相当額
500,000円
在職老齢年金の計算式
基本月額−(480,000×0.5)−(総報酬月額相当額−480,000)
在職老齢年金(月額)
基本月額−(480,000×0.5)−(総報酬月額相当額−480,000)

 

 

     労務相談.gif