割増賃金の計算方法

[1]通常の労働時間の賃金(割増賃金の算定基礎賃金)
  1時間当たりの金額の算出方法

  • @時間によって定められた賃金については、その金額 
  • A日によって定められた賃金については、その金額を

        1日の所定労働時間数(変形労働時間制をとる場合や、

        平日の所定労働時間は8時間であるが、士曜日のみは

        4時間である場合、など日によって所定労働時間が異な

        る場合には、1週間における1日の平均所定労働時間数)

        で割った金額

  • B週によって定められた賃金については、その金額を週に

        おける所定労働時間数(週によって所定労働時間数が

        異なる場合には、4週間における1週平均所定労働時間数)

        で割った金額

  • C月によって定められた賃金については、その金額を月に

        おける所定労働時間数)月によって所定労働時間数が

        異なる場合には、1年間における1ヵ月平均所定労働時間数)

        で割った金額

  • D月、週以外の一定の期間によって定められた賃金については、

        前記@〜Cに準じて算定した金額

  • E出来高払制その他請負制によって定められた賃金については、

        その賃金算定期間(賃金締め切口がある場合には、賃金締切

        期間)において出来高払制その他請負制によって計算された

        賃金の総額を、当該賃金算定期間における総労働時間数で

        割った金額

  • F労働者の受ける賃金が@〜Eの賃金の2つ以上からなる場合

        には、その部分についてそれぞれ前述した方法で算定した金額

        の合計額

 

労務相談.gif

top.gif

[2]割増賃金の算定基礎賃金から除外されるもの

  • @家族手当
  • A通勤手当
  • B別居手当
  • C子女教育手当
  • D住宅手当
  • E臨時に支払われた賃金
  • F一ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金

算定基礎賃金から除外されるものは右記@〜Fのみです。

@〜F以外から賃金はすべて算入しなければなりません。

ただし、これらの除外される賃金に該当するか否かは名称

ではなく、実態で判断されます。

 

 

    労務相談.gif