社会保険料を安くする方法をご存知でしたか?

 社会保険料を安くする方法ご存知でしたか?
 

「社会保険料の負担を少しでも軽くしたい、しかしどうしたら良いかわからない!」

 

そんなあなたに朗報です。

 

長引く不況に加えて保険料負担が年々増加する一方

経営者の方から

 

「社会保険料負担が大変だ!安くする方法はないか?

 出来れば社会保険から抜けたいのだが…」

 

と言う相談を多く受けるようになりました。

そんな中で年金を将来もらえるかどうかという不安も重なり、

社員の社会保険の加入を怠っている会社が多く見受けられます。

しかし、社会保険は経営者、個人の都合で加入するかどうか

決められるものではありません。

 

一定の条件に該当すれば、加入しなければなりません。

社会保険事務所の総合調査、会計検査院等の調査等で指摘され、

社会保険を遡って徴収されている例も少なくありません。

 

あなたにはそんな目にあってもらいたくありません。

法律に合って、少しでも有利な対策を考えなければなりません。



社会保険料を安くすると経営者にとってメリットが

あるばかりでなく 、社員にとっても個人負担が少なくなり、

手取り給与が増えるので歓迎されることでしょう。



その為に、このホームページ社会保険料削減対策を作成しました。

 

私が経営者の方に行っているアドバイスをもとに、

私自身の経験に基づき作成しました。

 

どのようにしたら社会保険料を削減することができるかを、

なるべく 難しい専門用語を使わずに説明しています。

 

社会保険といわれるものには、
@健康保険  A厚生年金保険 

B労働者災害補償保険法(労災法)

C雇用保険

 

があります。

それぞれの仕組みを説明しながら、

それぞれの保険料を削減する方法について説明しています。

このホームページを勉強して実行すると、社会保険料削減法対策が進み、

社会保険料の負担が軽くなることと思われますので、

是非読んでみて下さい。

 

追伸
社会保険には給付があり、多くの場合賃金・社会保険料が下がると給付も

下がります。

社会保険料の削減の削減にとりかかる際は、労使納得した形で導入しましょう。

 

 

社会保険料削減対策コンテンツ一覧

   arrow1_19x17_org.gif 社会保険料を安くする方法ご存知でしたか?

     arrow1_19x17_org.gif 被保険者になれない人を活用しましょう

   arrow1_19x17_org.gif 4月、5月、6月は支払う給料を少なくしましょう

   arrow1_19x17_org.gif 賃上げする場合は7月に行う

   arrow1_19x17_org.gif 社員の退職日は末日をさけましょう

   arrow1_19x17_org.gif 60歳定年時に賃金を下げる場合

   arrow1_19x17_org.gif 高年齢者を活用しましょう

   arrow1_19x17_org.gif 退職で消滅する年次有給休暇(年休)を買い上げる

 

<おすすめサービス>

   arrow1_19x17_org.gif 社会保険料は安くならないと諦めていませんか?

      安くする方法提案します

 

労務相談.gif