2014年度の最低賃金 全国平均で16円増

厚生労働省が2014年度における都道府県ごとの


最低賃金をとりまとめ、


全国平均で780円(前年度比16円増)となったことがわかりました。


新賃金は10月1日以降順次適用され、


最低賃金が生活保護の受給額を下回る


「逆転現象」はすべての都道府県で解消される見込みです。