継続雇用制度対策セミナー

こちらのセミナーは終了致しました

 

300人以下の企業の特例が3月31日で終了しています。

本年4月1日より継続雇用制度の対象者の基準について

労使協定の締結が必要となっています。

高年齢者雇用安定法が改正され、65歳までの雇用が義務化され

 

5年が経過しました。

 

「困ったもんだ。『さっさと辞めてもらいたいのだけれどもこちらから

辞めさせて、労働基準監督署に訴えられても困るし・・・』

と思っていたダメ社員でも65歳まで雇用しなくてはならないのか」

 

と考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ある日ある時、社員から

 

「社長、我社は定年年齢65歳としないのですか?」

 

と質問されたら?その時あなたはどう答えますか?

 

「ああ、優秀な社員だけは65歳まで働くことができるよ」

 

と答えることができたらどうでしょう。老後に不安を持つ社員は、

 

このあなたの答えに歓喜し、飛び上がるでしょう。

 

特に優秀な社員ほど高く跳び上がるでしょう。

 

一方ダメと思われる社員は恐る恐る聞いてくるでしょう

 

「どういう場合に優秀であると判断されるのですか」と。

 

社長さん、優秀な社員を定着させ、ダメ社員を育てるチャンスです。

 

このセミナーを受けて得られる知識の一部をご紹介します。
65歳までの雇用の義務化で会社が選ぶ道
頑張った社員、貢献度のあった社員にきちっと報いる継続雇用制度
60歳以降の厚生年金と賃金との関係
60歳以降の雇用保険と賃金との関係
雇用の延長で必須となる継続雇用規則

 

このセミナーに参加して優秀な社員を育て60歳を迎えた社員も

会社もハッピーな方法を学びましょう。

 

 

開催概要
日 時 11月30日
場 所 山形ビックウィング 4F 403会議室
講 師

社会保険労務士 西塔秀幸

会 費

5,000円(お2人目から人につき3,000円)

      (顧問先様 1人につき1,000円)

定 員 30名 (定員に達し次第締め切らせて頂きます)
締 切 11月28日(月)
主 催 有限会社 あんしん

 

 PB300381.JPG

 

PB300384.JPG

 

PB300388.JPG